【ド定番シリーズ】サーモス(THERMOS)・タンブラー

もはやこれがない夏は考えられません。

テレビ番組の「アメトーーク」でも取り上げられて話題になったり、いまやすっかり夏の必需品になりました。
サーモス(THERMOS)の真空断熱タンブラーです。

《何がどう凄いのか?サーモス タンブラー》

暑さでまいる我々の前に彗星のごとく現れたサーモス タンブラー。
ぬるくならずにずっと冷えたビールを提供してくれる、本当に魔法のようなアイテムです。

おかげでビールが捗る毎日ですが、何がどう凄いのかサーモス タンブラーの魅力についてみていきましょう。

・保冷力

まずはなんといっても抜群の保冷力です。
魔法びんと同じ真空断熱構造で、ホットでもアイスでも長時間適温をキープしてくれます。

焼酎やウイスキーの水割りで氷を入れても、本当に長時間氷が溶けません。
バーベキューやピクニックなどで、外でビールやジュースを飲むときも、夏場だとすぐぬるくなってしまいますが、このサーモスタンブラーに入れて置いておけば、長時間経ってもぬるくなりません。

家で使うだけでなく、アウトドアなど外でも大活躍です。

・結露しにくい

しかも、普通これだけ冷たい飲み物をコップやグラスに入れて置いておくと、結露で机がびしょ濡れになりますが、このサーモスタンブラーは結露も全く出ないんです。

筆者はパソコンで作業しながら、ビールやアイスコーヒーを飲むことが多いのですが、デスクの上はパソコンやマウス、キーボード、書類・・と結露で出る水滴にはとても気を使います。

しかし、サーモス タンブラーだと真空断熱構造なので、全く結露が出ません。
だから、わざわざコースターを用意する必要もありません。

・保温性も凄い

保冷力が凄く、夏場大活躍のサーモス タンブラーですが、実は保温性も高いので冬場にもとても重宝します。
真冬だとアツアツのホットコーヒーも数分でぬるくなってしまい、最後の方は完全に冷たくなってしまいます。
しかし、サーモス タンブラーだと温かい飲み物がなかなか冷めず、飲み終わるまでずっと温かいまま。
最後の一口まで温かいコーヒーが楽しめます。

そしてホットの場合も真空断熱構造の恩恵で、熱い飲み物を入れても外側が熱くなりません。

サーモス タンブラー専用の別売りの蓋もあるので、蓋をつけるとさらに保温性がぐんと高くなり、ほこりも防げてとても便利です。

・落としても割れない

サーモス タンブラーはステンレス製なので万が一、高いところから落としても割れません。
ですので、バーベキューなど、外で使う時も、バッグにポイっと入れておけるので、気を遣わずに持ち運ぶことが出来ます。

タンブラーはサーモス以外でも色んなメーカーのものがありますが、なんとサーモスのタンブラーは食洗機に対応してるんです。

手で洗っても洗いやすい形状をしていますが、夏場は恐らくほぼ毎日使用すると思うので、食洗機を使用している方からすれば、食洗機に対応してるというのはかなり大きなメリットでしょう。
(サーモスでも、昔のタイプのものは食洗機非対応なので要注意)

・安い

デメリットはビールを飲み過ぎてしまうということくらいで、本当に素晴らしいサーモス タンブラーですが、にもかかわらず価格は、およそ1,500円程度とめちゃくちゃ安いんです。
コストパフォーマンス良過ぎです。

《まとめ》

ということで、サーモス タンブラーの魅力について書いてみました。
この記事を書いている今も、サーモス タンブラーで喉を潤しながら書いています。

サイズも色々出ていますが、個人的には420mlのタイプがちょうど350mlの缶ビールが泡を含めて綺麗に注ぐことが出来るので、おすすめです。

父の日など、特別な日にプレゼントしてもとても喜ばれると思います。
プレゼントを意識してなのか、最近色付きのシリーズも出たようです。

昼はアイスコーヒー、夜はビールに、と大活躍です。
本当に買って良かったと思える商品で、父にもプレゼントしました。

まだお持ちでない方は、早く買われた方が良いと思いますよ。