サッカートレーニングの基本的な考え方

こんにちは

休日のお父さんコーチや、お子さんの個人練習に付き合う際にトレーニングメニューに
困っている方は多いのではないでしょうか

今回はサッカーのトレーニングを考える時に気を付けるポイントを纏めてみました、

 

段階を見極める

大きく分けて3つの段階があります

①自分の身体が上手く使えない状態

・走れない
・止まれない
・曲がれない
・バランスが悪い

こういった状態の時は、ボールを使う前にまずは自分の身体をコントロールする練習をしてみましょう

コーディネーションのトレーニング
ラダーのトレーニング
鬼ごっこなどが効果的です

メリットしかない!?鬼ごっこやってますか?

 

②ボールスキルが無い状態

・ドリブルができない
・キックができない
・トラップができない

といった状態。
どこまでやればいいかは周囲の選手の守備レベルによります

分からない場合は
・ジグザグドリブルが出来る
・真っすぐボールが蹴れる
・(チームメイトの蹴る)ボールがトラップできる

が一つの目安になります

 

③サッカーの試合ができる

実際に仲間とプレーをしながらサッカーのパフォーマンス向上を目指す段階

 

サッカーはサッカーをすることで上達する

良く聞くフレーズですね

同様に聞くフレーズは「トレーニングのリアリティ」

ここで勘違いしてしまうのは「ゲーム」をやらなければならないと感じてしまう事

 

大事なのは先ほど説明した第3段階の選手に対して、サッカーの要素である8つの負荷を
理解してトレーニングに落とし込めているかどうか

<サッカーにおける8つの負荷>

1:ボール
2:相手
3:チームメイト
4:ゲームのルール
5:ゴールの方向
6:ストレス
7:時間
8:スペース

難易度・負荷を調整する場合はこの8つを上手く調整していきます

<負荷を軽くする例>
ボールを使わない
相手を減らす
ゴールを増やす
DFのスタート位置を遠くして判断の時間を確保する

<負荷を上げる例>
ゲームのルールを複雑にする
コートを狭くする
タッチ数を制限する

 

少し難しく書きましたが、休日にお子さんと個人練習をする場合にはこんな事をアレンジして
みるとただのスキルのトレーニングからサッカーのトレーニングに変化します

・ゴールを設定する
・DF役をやって邪魔してあげる
・コーンなどでパスコースを設定してあげると選択肢ができる

 

その他の要素として

オランダサッカー協会では4対4がサッカーのゲームの要素を含んだ最小単位と考えている
(JFA U-12 指導方針2010より)

レベル差が激しい中で8対8をやるならレベルを分けて4対4をした方がボールタッチの質・量を考えると双方にメリットがある。

ゲームのやり方も

・人数の調整
・エリアの調整
・フリーマンの有無
・タッチ数制限
・キーパーの有無

などちょっと変えるだけでも様々な刺激を入れる事ができます。
楽しみながらレベルアップできるようなトレーニングを常に意識していきましょう。

 

まとめ

・サッカーはサッカーの(要素を含む)トレーニングをすることで上達する
・本質は「ゴールを奪う、ゴールを守る」