サッカーの競技特性と特異性を理解したフィジカルトレーニングのススメ

こんにちは! ウイキシ(@uikishi)です。

タイトルこそ難しい感じになりましたが、内容は基本的なものなのでご安心下さい。

お父さんコーチ・お子さんと一緒にトレーニングを考えているお母さん・部活に入っている中高生・フィジカルコーチのいないチームに所属している選手に向けて整理してみました。

サッカートレーニングの基本的な考え方

 

競技の目的とルールの整理

算数の勉強をするのに、国語辞書を買って来ないですよね?ゴール(目的)があって、そこに到達をする手段があるわけです。

ゴール設定する+トレーニングプログラムを組み立てていく上で、絶対に必要となる事が競技の特性を理解する事です。

当たり前の事も含めて一つ一つ確認をしていきましょう。

 

サッカーのゲームの目的

制限時間内に得点を競う

↑これが一番最終的なゴール(目的)となります

 

ルール

・コートサイズは105m×68m(国際大会)

・ボールを足で扱う
※キーパーはペナルティエリア内で手を使うことができる

・11人 vs 11人で行う

・試合時間は45ー15-45
※タイムアウトは無し
※ランニングタイム+アディショナルタイムで調整

オフサイドがある(説明は省略)

・ゴールがある:7.32×2.44メートル

・フィジカルコンタクトがある

・イエローカード2枚、レッドカード1枚で退場
※数的有利・数的不利が存在

・一度交代をすると再出場は不可

 

競技特性と特異性の分析

競技特性と求められる能力

<コート内に相手がいて1つのボールを同時にプレー>

スピード(多方向への重心移動速度)アジリティ(ブレーキ動作・方向転換)の能力が高い方が圧倒的に有利となる。

 

<足でボールを扱う>

片足で動的なバランス保持をする機会が多い。

 

<コートサイズが広くボールスピードも速い>

無酸素・乳酸解糖系・有酸素運動すべてのエネルギー系統を利用する。特に間欠性持久力の要素が非常に強く要求される。

 

<交代枠は3名(延長戦は+1名)>

1試合を通じてプレーができる基礎持久力が必要

 

<ボディコンタクトがある程度許容されている>

体重管理・体幹の安定性・重心のコントロールが必要

 

<プレッシングを主軸とするゾーンディフェンスがトレンド>

競技レベルが上がるとプレースペースは狭く、プレータイムはとても短いので認知・判断・実行のスピードと技術発揮の精度が求められる

 

<11対11の多人数でのゲーム>

スキャニングを通じて仲間・相手・ボール・ゴール・スペースの把握を行う。その情報を通じて個人戦術・グループ戦術を活用する。

 

<ポジションがある>

ポジション毎に要求される技術やフィジカル能力に差があり、様々な選手にプレーのチャンスがある。

足を速く 子供の足を速くするために、無料ですぐできる4つのトレーニング

 

特異性

足でボールを扱う非常に特殊な競技他競技と比較をすると圧倒的にポゼッションあたりのミス(ターンオーバー)が多い

 

球技+団体競技+対人競技。

 

屋外で天候の影響を受ける。更にグラウンドのサーフェスからも影響を受けるので、プロ選手であっても自由自在にプレーをするというレベルには基本的には到達することができない。

 

結果的にある程度のレベルまでは数的同数の場合は守備の勝率の方が高くなる傾向にある。

 

ボールは基本的に地面を転がっているため視線が下がり、コート全体を把握することが非常に困難

 

片足でのストップ動作や片足での支持が回数・バリエーションともに非常に多い

 

他の競技とは違い、両足でプレーをすることにメリットがあり、重要となる
(例:ゴルフや野球ではメリットが少ない。なので、障害予防のコンディショニング目的以外ではあまり逆の練習をしない)

 

ボールを蹴る・止めるという動作も繊細な足首のコントロールやダイナミックな股関節のコントロールが必要で、他競技から流用できそうなものが少ない。

 

年代が上がり、レベルが上がるとオープンスキルを短時間に複数同時に連続して実施する事が必要となる。(若年層のトップレベルはすでにこの要素が求められている)

 

 

必要となる能力を逆算してトレーニングプログラムを作る

現状初心者や小学生に必要となりそうな能力は↓のような優先順位で考えています。

・技術的な要求に応えるための、片足での支持をベースとし重心と末端のコントロールを可能にするための基礎運動能力

 

・コントロール、ドリブル、キックの3種類の技術のバリエーション、正確性、スピードの向上

 

・戦術的要求に応えるための状況判断を可能にする認知能力、様々な方向へ効果的に動くための総合的なアジリティ能力

 

・コートサイズとプレーテンポから逆算をして、プレーを効果的に実施するためのスプリント能力(+ブレーキ能力)と各種エネルギー系を考慮した持久力

 

・ボディコンタクトに耐えるための筋力・バランス(復元力)・コンタクトスキル

といった要素を獲得するために、若年層からトップまでをトータルで考えています。

私が指導をしているスクールなら週に1回のペースで優先順位を付けながら指導をしていくことになります。

たまに幼稚園や低学年のクラスで「ドリブルの練習ってもっとやらないんですか?」とか聞かれる事があるのですが、「ドリブルの練習をするために〇〇と〇〇の能力が必要なので、そちらを優先してトレーニングしています」というように説明をするようにしています。

メリットしかない!?鬼ごっこやってますか?

 

最後に

現実的にサッカーコーチの立場で話をすると、いやいやその前にボールを使ってやることいっぱいあるから!となります。知ってます。私もその状態です(笑)重々承知です。

ただ、選手に対しては目的(ゴールを奪う、ゴールを守る)から逆算をしたプレーをしようという話をしているのなら、コーチもそうすべきです。トップレベルになった時に「フィジカルが~」って言うんだから、それは下のカテゴリーからのトレーニングの積み重ね以外の何物でもありません。

 

まずは何が足りていないのかをしっかりと分析しましょう。それが分かれば後は簡単です。今はいろんなトレーニング情報が乱れ飛んでいる世の中ですし、「間欠性持久力 トレーニング オススメ」とか検索をすればすぐに動画付きで出てくるような世の中です。

フィジカルコーチはこういった事を四六時中考えている人種なので、興味があればフリーのコーチを検索して個人指導やグループ指導を依頼してみてください。必ず新たな発見や気付きをくれると思います。

私も10年後・20年後のサッカー界のために少しでもいいサポートができればと思います。

「ここにいる皆さん、指導者は選手の未来に触れているのです。」
 -アンディ・ロクスブルク(ヨーロッパサッカー連盟テクニカルダイレクター)