ライフハックという呪縛とダイエットの呪縛は似ている

失敗の理由

こんにちは! ウイキシ(@uikishi)です。

ブログをやり始めてから、ライフハックという単語が頭の中をグルグルしております。

何故なら時間が無いから(笑)

<ライフハックとは>
情報処理業界を中心とした「仕事術」のことで、いかに作業を簡便かつ効率良く行うかを主眼としたテクニック群である。ハッカー文化の一つ。(wikipediaより)

最近は日常生活の中での知恵なんかもここに一括りにされてます。

 

しかし、情報量が多すぎて習慣化できていないモノが多すぎる。

ライフハックの前に絶対にやるべき事が一つある

 

それは現状認識

 

自分も含めてできていない人が多すぎる。例えば、ダイエットを始めるのにいきなりやり方を調べたり、目標体重を設定したりするのはマジで無駄。99.9%続かない。

何故なら現状を把握していないから、大変さもわからないし、目的意識も上手く持てない。

 

ダイエットをするために最初にすることは、体重計を買うことでも体脂肪率を測ることでも糖質制限の本を買うことでもありません。

最初にやるのは

全身鏡を買って、裸で鏡の前で自分の身体を見ることです

できれば回数は多ければ多いほど良いと思う。
体重や体脂肪率は目安であって、最終目標はボディメイク。そこから目をそむけてる人が多すぎる。

 

アスリート以外でいい体をしていて、鏡を全く見ない人がいるとしたらそれは天性の才能だと思います。まずは現状認識をすることで、心が本当にダメだと思ったら自然と習慣は変わっていくし、心の中で満足したり妥協したりしているなら体型も習慣も変わりません。

それでも変える必要があるならライザップみたいに強制的にやってもらうのが良いのかな

 

ちょっと話は逸れましたが、最近はライフハックに興味があって調べてる間に気づいたら数時間が過ぎてる事がありますが、実はそれ自体が無駄。本当に必要な情報はまず現状認識ができてから調べるべきで、何となく見てても何も結果は出ません。

(良い例:料理をする回数が増えたから効率の良い下ごしらえを調べる)
(悪い例:料理をする回数を増やすやめに効率の良い下ごしらえを調べる)

この2つの例は似てるようで全然違う。下はやった気分になるだけ、上は実際に効果が出る。

気をつけながら日々を過ごして行こう