2018年10月22日(月)~27日(土)のトレーニングログ

10月27日(土)
U12クラス:参加者8名(体験1名)
テーマ:選択肢を持ったプレー
【オープニング】
【WーUP】
リフティング
【TR1】
ボールを受けるための駆け引き
前に入る、背後を取る、相手から離れるなど
ボールを受ける道、シュートをするための道の2つを見つける
レベルによってグループ分け
グループA:①、②、③、④(体験)
グループB:⑤、⑥、⑦、⑧
【TR2】
ハーフコートの6ゴールゲーム
(ゴールはコーンを倒したもの)
2対2+2フリーマン(フリーマンは2つのコートを自由に移動)
シュートはアンダー2タッチ
【GAME】
5対5のゲーム
キーパーはコーチで、キャッチは禁止
【クロージング】
【振り返り】
レベルは上がっているので、強度を少しづつ上げていけるように
体験の④はアルディージャのジュニア出身。基礎技術は高いが、ケガ明けのため試合勘などは鈍い
(入会に関しては微妙かも)
10月22日(月)
U10クラス:参加者13名
テーマ:運ぶドリブル、2対2での駆け引き
【オープニング】
【WーUP】
5分間のゲーム、かなり自然にゲームをできるようになった
選手同士も仲良くなってきているので、どこかのタイミングで上手く移行できるように
【TR1】
外周ドリブル
自由に→一歩に一回触る(利き足、逆足)
しばらくは継続してやる予定
【TR2】
横に移動→前後のステップ→1対1
しばらくしてから2対2
横向きのステップのフォームについては少し話
2対2の部分では動いている間に味方の状況を観ようという話
2対2の部分のステップワークで多少の接触はあったが、大きなケガにはつながらず
【GAME】
3名(①、②、③)が外に行ったため、中は5対5でのGAME
良いプレーもあったが、相手との距離感を間違っている事が多く、効果的なプレーはあまりなかった
ドリブルのボールタッチに関しても大きくなってしまい、無駄なロストが非常に多かった
【クロージング】
ルールを理解して、最大限利用しようという話
ドリブルのコントロールが上手くできるようになればもっと楽しくプレーできるという話
【振り返り】
④が条件反射的に答えてくるのが面倒だった
終わった後に⑤にオンザボールでの相手との距離感に関しての話
10月22日(月)
U6クラス:参加者11名
テーマ:ボールキープと運ぶドリブル
【オープニング】
【WーUP】
センターサークル内で相手のボールを踏みに行くなど
(自分のボールを守にながら、相手のボールへアプローチへ行く)
【TR1】
攻撃:コーンにタッチ
守備:コーンにタッチさせない(二人)
ボール無し→ボール有り
順番決めの部分で上手くいかなくて①が泣く
思ったよりも回り込まない・守る方も見ているだけになる事が多かった
(もう少し上のカテゴリーで無ければ成立しない?)
【TR2】
センターサークルを半分ドリブル(カーブ)してゴールへ向かってドリブル(直線)してシュート
両方の回り方で実施
【GAME】
年長3人対年中8人、ボール2球でゲーム
最終スコアは10対7
あまりボールを触れていない子もいたので、コーチが上手く配球をすべきかも
かわす局面と誰もいなくて運ぶ局面があり、ゲームの難易度としては概ね適正
年中に関してはゴール前の局面での精度・そもそもの選択肢が弱い→練習の中にキックの強化が必要?
【クロージング】
ドリブルもっと上手くなったら楽しくできるよね
自分で家でも練習してみよう
来週みんながちゃんとできたらコーチ達と試合があるかも
【振り返り】
終わった後に、①に困った事や思っている事があるなら口を使って相手に伝えようという話
途中でイライラして口調がキツくなったので、伝え方を変える
※ちゃんとしている子はどんどんやらせるアプローチだが、子供たちがやる意思を見せたらそこはすぐに切り替える
年中の人数が増えてきてイレギュラーな発言も増えてきている。コーチが2名体制だと準備の部分も含めて余裕を持ってできるような工夫が必要
※3人体制だと特に気にしなくても進んでしまう場面も多い